ケアプロスト

まつげを伸ばすケアプロスト

長く濃いまつ毛をしていると、目の大きさはあまり変わらなくても、目はより大きくぱっちりと見える効果があります。

 

 

それゆえに、女性は特に長く美しいまつ毛に憧れる人が多くなっていますが、もともとのまつ毛の濃さや長さには個人差があり、しかも髪の毛のように伸びてくれるわけではありません。

 

 

そして、より長さや濃さを出すためには、マスカラやつけまつ毛などのメイクが利用されていますが、毎日のメイクはやはり時間がかかる傾向にありますし、メイク時やメイクを落とすときの刺激によるまつ毛の傷みを気にされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

そこで注目されているのが、まつ毛の育毛に役立つ、まつげ美容液、まつげ育毛剤の存在です。

 

 

すでにこうした化粧品は化粧品店やドラッグストアで多く販売されていますが、使っていても、いまひとつ効果が感じられないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

最近はかなり効果の高いまつ毛育毛剤が注目されていますが、ケアプロストもそのひとつです。

 

 

この商品は、まつ毛育毛剤として有名なルミガンのジェネリック的な存在となっており、有効成分はルミガンと同じくビマトプロストとなっています。

 

 

そしてジェネリック医薬品ということで、ケアプロストのほうがやや価格が抑えられていることもあり、より安く購入したいという方にも注目されている商品です。

 

使う時の注意点

ビマトプロストはもともと緑内障の薬として認可されいたものですが、利用していた人にまつ毛が伸びるという副作用が現れたため、まつ毛育毛剤としても認可されるようになりました。

 

 

そして早く効果を出したいからと1日に何度も塗ってしまいたくなりますが、多く塗ったからといってすぐに効果が出るのではないので、使用は夜の1日1回となっています。

 

 

そして塗布後しばらくはメイクを控える、コンタクトレンズは外してから使う、下まつ毛には使わないなどの注意がありますので、正しい方法で利用するようにしたいものです。

 

 

まぶたにつくと黒ずみが現れる場合があるとのことですが、これも数日程度で消えるとされています。

 

 

黒ずみを防ぐためにも、できるだけ肌につけず、まつ毛の根元にだけつけるよう心がけましょう。

 

 

ルミガンもケアプロストも日本では認可されていませんので、化粧品店やドラッグストアで購入することはできません。

 

 

入手方法は個人輸入が便利ですが、正規品を購入することが大事ですので、代行業者などを利用する場合もできるだけ信頼性の高い業者を選んでいきましょう。

 

価格の安さが魅力のまつ毛用育毛剤『ケアプロスト』の利用・入手法について

『ケアプロスト』は、まつ毛用の育毛剤として販売されている医薬品です。

 

 

同じくまつ毛用育毛剤として有名になっている『ラティース』や『ルミガン』を先発医薬品とした、ジェネリック医薬品として製造されました。

 

 

製造しているのは、インドにあるサン・ファーマシューティカル社という会社です。

 

 

先発医薬品に比べると、保存料などの成分が異なっていたり、パッケージの豪華さが異なっていたりと、細かい差異はあります。

 

 

しかし、ジェネリック医薬品ですので、まつ毛育毛に役立つ肝心の有効成分については、先発医薬品と全く同じビマトプロストという成分が配合されているんです。

 

 

ですから、利用した際に先発医薬品と同様のまつ毛育毛効果が得られると言われているんですね。

 

 

具体的には、まつ毛の長さや密度、色の濃度がそれぞれアップすると言われています。

 

この商品の魅力的な点としては、上記のように先発医薬品と同等の効果が期待できるにも関わらず、値段は先発医薬品に比べて安価であることが挙げられます。

 

 

『ラティース』が1万5000円程度、『ルミガン』が4000円〜5000円程度の価格が相場なのに対して、『ケアプロスト』であれば3000円程度で購入できるようになっているんです。

 

ケアプロストの使用方法

『ケアプロスト』の利用法は、上まぶたのまつ毛の根元に薬液を塗布するだけとなっています。

 

 

こう聞くと、「下まぶたのまつ毛の根元には塗布しなくていいのか」と疑問に思うかもしれませんね。

 

 

でも、上まぶたのまつ毛の根元に薬液を塗布しておけば、瞬きをしている内に自然と下まぶたのまつ毛の根元にも適度に薬液が付着してくれるので、あえて塗布する必要はないのです。

 

 

薬液を塗布する際には、専用のアプリケーターに薬液を1滴垂らして塗布するのが基本ですが、綿棒やアイラインブラシなどをアプリケーターの代わりに利用して塗布する利用者も少なくありません。

 

 

ちなみに、汚れやメイクなどが乗った肌に薬剤を塗布するのは衛生上問題がありますし、薬剤も浸透しにくくなってしまいますので、薬剤を塗布する前には洗顔やメイク落としを済ませ、化粧水や乳液などを使って基本的なスキンケアを行っておくことが大切です。

 

 

また、コンタクトを付けている場合には、それも外しておきましょう。

 

 

それから、『ケアプロスト』は、日本の病院では処方を行っていない医薬品であるので、日本に暮らしている方がこの医薬品を入手するには、海外から個人輸入を行うことになります。

 

 

インターネット上に多数存在している個人輸入代行サイトを経由して入手をする利用者が多いです。

 

話題のケアプロストでまつ毛を長くする

女性らしい美しい目元を作るためには、長くきれいなまつ毛は欠かせない存在となっています。

 

 

まつ毛を長くする方法としては、手軽な方法ではマスカラ、付けまつ毛があげられますし、最近はまつ毛エクステの人気も高まっています。

 

 

どの方法も魅力ある目元を作るのにとても役立ってくれますが、自まつ毛を長くできるものではありません。

 

 

そして、毎日のまつ毛メイクでまつ毛が切れたり、抜けたりするトラブルに悩まれている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

まつ毛ケアに役立ってくれるのが、まつげ育毛剤、美容液の存在で、ドラッグストアや通販でも様々な商品が販売されています。

 

 

そして、特に高い効果を得られる商品としてケアプロストが注目されており、個人輸入という形で入手される人も多いです。

 

 

ケアプロストの特徴について知っておきたいですが、これは同じくまつ毛育毛剤として人気のルミガンと同じ有効成分のビマトプロストが利用されています。

 

 

ビマトプロストはもともとは緑内障の治療に利用されていた薬で2001年にアメリカFDAに認可されました。

 

 

ビマトプロストは緑内障を改善するために眼圧を下げるのに役立つ薬ですが、点眼している人にまつ毛が伸びるという副作用が認められたため、2009年にまつ毛を伸ばす医薬品としてFDAに認可されています。

 

ルミガンのジェネリック医薬品だから安い!

そしてケアプロストは人気のルミガンのジェネリックとなっていますので、より低価格で購入することが可能ということもあり、人気の薬です。

 

 

良い効果をあげるためには正しい使い方を行うことが大切ですので、利用前にはその使い方についてよく調べておきましょう。

 

 

使い方はメイクはきれいに落とし、コンタクトレンズを使用されている場合は事前に外しておきます。

 

 

専用のアプリケータ、もしくはまつ毛用のブラシや綿棒に一滴落とし、まつ毛の目元にアイラインのようにつけていきます。

 

 

まぶたの色素沈着が起こる場合もありますので、余計につけないようにし、まぶたについた場合はふき取っておきましょう。

 

 

清潔に使うことが大切ですので、専用の使い捨てのアプリケータを使うことがおすすめです。

 

 

1日1回の塗布で下まつ毛にはつけないようにします。

 

 

色素沈着が起きた場合は数日程度使用をやめると改善されるとされていますので、もしそういった症状が出た場合は一時期使用を控えてみると良いでしょう。

 

 

たくさんつければ早く伸びるというわけではありませんので、過剰に付けすぎないようにし、正しい方法でまつ毛を育てていきましょう。